2019-05-01から1ヶ月間の記事一覧

_(:3 」∠)_

個人サイトの残りカスを集めて持ってきた感大体言いたいことTwitterでぶちまけちゃうから余程パッションパッションしたときにしか更新しませんなんか映画みたりとかゲームクリアしたりとか、書き残さなきゃ死ぬぐらいの体験したときに長文書くと思う。という…

卒業

28歳目前にしてギリギリ通信大学人間福祉学科(心理学みたいなもん)卒業しました。長かった実に 前の大学で4年間頑張ったのがすべて無に帰した瞬間最初から通信にしとけば奨学金という名の借金も学費もかからなかったのにと思うけど、そうすると好きな格好し…

『残穢』

小説から映画化したホラー。ホラーなのかな?幽霊とかががっつり出てくるわけじゃないからホラーというのかなんていうのかジャンル分けに困るんだけどまあホラーか。 物語はホラー作家の「私」が主人公で、読者から送られてくる不思議体験エピソードのひとつ…

『高慢と偏見とゾンビ』

高慢と偏見という古典文学があってだな?とてもしっとりした綺麗なラブストーリーだそうだ。プライドの高いダーシー大佐と五人姉妹の次女エリザベス嬢がなんやかんやお互い偏見とかプライドとかに振り回されながら恋をしていく話。らしい。知らんけど。そん…

『ゴーストバスターズ2』

ラグナシアでゴーストバスターズコラボのアトラクション行った時に「めちゃくちゃ好きな割にはしっかり観てねえな??」と気づいたので借りてきた。翻訳がかの有名ななっちだったせいでテーマソングがやややけったいなことになってたけどまあ話の流れがわか…

『天神』

空には天神がいるっていう話。戦闘機のパイロットになるのを目標に訓練に励む高岡速と坂上陸を中心に話が進む。 速は若い頃から優秀評価しか取ったことがない努力家優等生。陸はポンコツスタートのあっけらかん天才肌。陸のおじいちゃんも戦闘機パイロットで…

『零 刺青の聲』

零3作目は眠りの家っていう屋敷が舞台でした。もう広いのなんのって。この扉を開けるとどこに出るの?聲は1作目の深紅ちゃんと、2作目の双子ちゃんの叔父である蛍さんと、主人公の怜さんの3人が主軸になって話が進むわけでありますが 深紅が強すぎて怜さ…

『流行り神』

兄さんがイケメンすぎる。しかもブラコン。おいしすぎかよ主人公は純也くんていう前髪短いデコ要員なかわいい25歳(曖昧)で、摩訶不思議な事件を科学的にもオカルト的にも推理解決できる柔軟な思考を持った刑事さんです。流行り神はその名の通り一時期のみ流…

『階段途中のビッグノイズ』

よくある感じの青春ストーリー。ロックンロールをこよなく愛する男子高校生達がなんやかんやわちゃわちゃとやる話。物語は廃部の決定から始まって、文化祭で成果をあげられるまでは厳しい条件付きで活動しなくちゃならないという。徐々に仲間が集まって片想…

『ロリポップチェーンソー』

発売前からワクワクソワソワしてたホラーアクションゲーム。名前からわかるけどチェーンソーでゾンビぶったぎってくゲームだぜ。 快感…血飛沫が結構激しいので18禁です。でもバイオと同じくらいだと思う。主人公はジュリエットっていうチアリーダーの女の子…

『ダンガンロンパ』

とんでもない展開でどんでん返しを繰り返される推理ゲームなのでどの場面を語ろうとしてもネタバレになってしまう とりあえず大体みんな死ぬ まさかの展開で死ぬモノクマっていうマスコット的なラスボス的な動く絶望ぬいぐるみが出てくるんだけど、声優が大…

『ゴーストトリック』

これスッゴい動く。なにこれスッゴい動く。たかがDSゲームとか思っててごめんプレイ方法は要するにピタゴラスイッチすればいいゲームなんですね。なかなか楽しいかもしれない。しかもスッゴい動く。これは楽しい。 主人公はゴーストです。なるほどゴースト…

『東京鬼祓師』

トーキョーものはらし、と読む。 伝説のトレハンゲー九龍妖魔學園紀の次作です。え?九龍て何って? 説明しよう!九龍とは、世界の秘宝を探し歩く若きトレジャーハンター葉佩九龍(はばきくろうと読む。はばきってまず変換できないので大抵ネット上ではハボキ…

『SHERLOCK』

ハマるまい…絶対にハマるまい…三次元萌えなど右京さんで十分だ…… と思っていたのにまんまとハマった。わたしの精神の底に染み付いたコンビ萌えパワーが発揮されたようだ。イギリスで放映されたドラマSHERLOCK、つまるところ「21世紀版シャーロック・ホーム…

『ノーモアヒーローズ』

PS3のいわゆるバカゲー。クソゲーでなくバカゲー。ここ大事主人公トラヴィス(アニメオタクのプロレス好きアメリカ人)が、惚れた女シルヴィア嬢に一発ヤらしてもらうために殺し屋ランキング1位を目指していく話。 ちなみにトラヴィスの日本語吹き替えの中の…

『大神』

主人公はイッヌにしか見えない白い狼。でもみんなに犬ッコロとかわんちゃんとか呼ばれる。このわんころが我ら日ノ本の天照大神さまである。なんで狼の姿なの?可愛いからいいか。神話のヤマタノオロチ復活から話が始まる。要するにイザナミとかスサノオとか…

■test2

仕事から帰ったら、壁から手が一本突き出ていた。握手を求めるかのように、人の右手がゆらゆら、ゆらゆらと壁から生えている。壁の向こうは隣の家だが、まさか隣人が壁を突き破って右手を差し出し続けているはずはない。 (壁から生えたのか) カビが生えた…

■test

それはスクランブル交差点の中央にあった。 日付は連休の真っ只中で、いつにもまして通行量の多い車、自転車、そして人、人、人。行き交うそれらから奇跡的に逃れたような場所で、自分は一筋の糸を拾った。糸である。それも毛糸のような太さのあるものでなく…